【電動ガン】 東京マルイ バイオハザード トールハンマー アルバート.W.モデル02をレビュー

TGS2021 CAPCOMキャンペーンに見事当選しましたので、当選した製品を紹介します。

関連記事

https://youtu.be/AYOlckwtJLA カプコン「東京ゲームショウ2021 オンライン」イベントは楽しめましたでしょうか? こんなご時世なのでオンラインでの参加となりましたが筆者は今年も楽しませていただきました[…]

このブログでモデルガンの紹介をするとは思いませんでした。

バイオハザード7「Not a Hero」でも実際に使われているオリジナルの銃です。(元ネタはSGR-12

バイオハザードファンにとってはたまりませんね!

早速見ていきましょう。


とんでもない大きさのアタッシュケースです。
「クリス」の名前があります。
アタッシュケースの大きさなんと110cm
4箇所のロックがあります。
取扱説明書もバイオハザードの世界観が漂っています。
開けるとマガジン2つと銃本体が
クリーニングロッドとアンダーバレルに取り付けるレールでしょうか・・・
ここに「アルバート.W.モデル 01P」が収納できるようです。
SGR-12のマガジンは赤色のシェルが使われていますがこちらはゲーム同様緑になっています。
アルバートモデルと記載があります。
細かい箇所にもアンブレラのロゴが
フロントサイト
リアサイト
コッキングレバー
レバーを引き、反対側でホップアップの調整ができるようです。
銃口
ゲームでのトールハンマー入手時
ゲーム内でのモデル
アンブレラのロゴはないですね

実際にマガジンのリロードを行ってみますが本体が重く、スムーズなリロードが難しいです。(クリスはゴリラ

せっかく入手できましたので今後、アタッチメント(グリップ、サイト、ドラムマガジン)を購入しカスタムしたいと考えております。
また、「バイオハザード アルバート.W.モデル 01P」は限定品ではないためこちらも合わせて購入し、トールハンマーと並べたい!
実際に射撃はしていませんが、機会があれば連射してみたいですね。
えいちょふ
モデルガンはハンドガン(SIG P226)は持っていますがコチラも撃ったことがないです。
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!